初めての注文住宅での家づくりに欠かせない基本を解説

当サイトは絶対に成功させたい、初めての注文住宅での家づくりに欠かせない基本を解説しています。
大きな買い物で失敗を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。
注文建築の住宅のフルオーダーとセミオーダー2つの違いについても、このサイトで触れています。
2つの違いを知りたい人におすすめです。
またオーダーメイド住宅におけるこだわり条件は、リストアップして優先順位を決めるのがコツです。
理想を形にすることができるようになります。

初めての注文住宅での家づくりに欠かせない基本を解説

初めての注文住宅なので、絶対に成功させたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
そのような時に知っておきたい基本には、居住性を重視することが大切だということが挙げられます。
自由度の高い注文住宅ですが住みやすさを考えて建てないと、暮らし始めてから後悔するかもしれません。
また掃除のしやすさを考えて設計することも大事です。
お洒落さばかり重視してしまうと、手入れがしにくくなることも考えられるからです。

そもそも注文住宅とは?いくらで建築することができる?

一生で一番高い買い物と言われる家ですが、漠然と自分の家を持ちたいと考えている方も多いでしょう。
そもそも多くの方が想像しているマイホームというのは、どのような物でしょうか。
一口にマイホームと言っても、一昔前は注文住宅が主流でしたが、今は建売住宅があります。
まず建売住宅というのは、あらかじめハウスメーカーが土地を購入し、そこにある程度人気のある間取などの区画を決めて、建設してから販売する住宅です。
一方注文住宅とは基本的に家を建てる人間が、土地を購入してハウスメーカーを探して建築する住宅です。
ですから間取りだけでなく、壁紙から何から全てを自分の好みの物にすることが出来ます。
注文住宅とは自分で建てたい家の理想像がある方が選ぶ建築住宅なのです。
ただ全てを決めるというのは長い期間掛かる上に、打ち合わせに時間が掛かってしまうかなり根気のいる事なので、前もって様々な細かい部分を決めておくと打ち合わせの際に非常にスムーズです

注文住宅のメリットは自由度のある間取りを持つ家づくりが実現

注文住宅のメリットにはいろいろありますが、自由度のある間取りを持つ家づくりが実現できる点は大きいです。
建売住宅では、良くも悪くも無難で多数の人々に平均的に受け入れられるような間取りが必然的に多くなります。
建売の場合には、どのような人に売れるのかその段階では分かりません。
となると、できるだけ可能性を広くとっておいたほうが良いに決まっていると考えます。
結果的に、一部の人だけにしか受け入れられないような独創的な物件よりは、可もなく不可もない物件が多くなってしまうのは致し方ないことと言えます。
しかし注文住宅ではこのような点を気にする必要がありません。
注文した人がその物件を購入してくれることは決まっているのですから、希望通りに建てることが一番の目的になるためです。
建売住宅ではなかなか見つけることができなかったような自由度の高い間取りであっても、住宅として問題ない限りは自分の希望を通すことができるわけです。

注文住宅のデメリットはコストが高く入居までの時間が長くなる

注文住宅は一種の憧れであってメリットを数多く挙げることができますが、デメリットが全くないわけではありません。
そもそも多くの人の憧れである点から考えて明らかですが、気になる点の一つはコストがかかることです。
建売住宅と同じような価格で実現できるものであれば、そもそも憧れでも何でもなく、ほぼ全ての人が自分の希望を通すことができる注文住宅を選ぶに決まっています。
そうなっていない理由に価格が高く、おいそれと手を出せず妥協せざるを得ない現実があると言えるわけです。
建売であれば、多少の差は当然あっても、建築に必要な資材とか設備類はかなりの部分で共通化されており、その分だけ値段を安く提供できますが、注文住宅となるといわばオーダーメイドになる部分が発生しますから、値段が上がって仕方ないと言えます。
また、設備や資材が共通化されていれば建築にかかる時間も短縮できますが、注文住宅ではその逆ですから、入居まで長くなることが考えられます。

注文住宅の家づくりでは土地と建物の予算をしっかり決めることがポイント

新築する家が注文住宅であるのならば、事前に決めておくべきことが資金計画になります。
建築するための敷地が確定していなのでは、契約に向けての話しもできません。
また、建てたい家のプランも確定していないのでは、建築費用の見積もりの提出も頼めません。
そのために敷地を確定するためには、購入するための資金も必要になります。
そして上物である建物の建築資金も、別途用意しておくべきものです。
この資金を用意する手段が住宅ローンの利用であれば、無理のない返済計画を立てることが必須です。
これらの全ての条件をクリアするためにも、事前に建てるべき資金計画の重要性が高まります。
特にその計画の中でも土地の取得費用と、建物の建築費用を正確に決めることにより全てが始まります。
このような理由からも事前に立てる資金計画と、予算の策定は欠かす事のできないことです。
将来自分が困らない為にも、注文住宅での家づくりを進めるためにも怠ることはできません。

注文住宅の依頼先はハウスメーカーと工務店が中心

注文住宅を建てるときの依頼先は、一般的にハウスメーカーや工務店です。ハウスメーカーの特徴は大手の企業で全国で営業活動を行っています。テレビコマーシャルなどに有名な芸能人を起用して名前が広く知られており、独自のブランドや規格を持つことで一定の品質を保ち、信頼があることから家づくりに安心感を求める方などから選ばれています。全国に住宅展示場を展開しているため、どのような家づくりをしているのか実際に見学することができ参考になるでしょう。工務店は地元やその周辺の狭いエリアを対象に営業活動を行っているような中小の会社です。材料などにこだわりがあり、一から家づくりを行いたい方に向いています。地元に根ざしていることから土地に詳しく、風土に適した家づくりを得意とします。また身近で活動しているため、トラブルの際はすぐに駆けつけてもらえることも。会社によって得意とするものや個性が異なるため、実績を参考にすると良いでしょう。注文住宅を建てる際は、自分の希望と照らし合わせて依頼先を選ぶ事がポイントです。

注文住宅で良くある失敗例を学んでおこう

"快適な注文住宅を作るためには、よくある失敗例をあらかじめ学んでおくことがおすすめです。失敗例を知っておくことによって、自分が注文住宅を作ったときの後悔を減らせます。 特によくある失敗が間取りが使いにくかったという点です。人気の間取りだと紹介されたとしても、その間取りが自分のライフスタイルに合っているか、ということをしっかり考える必要があります。朝など忙しいときに動線が混み合ったりしないか、家事をするときにスムーズにできるか、家族の行動パターンをイメージした上で間取りを決めます。 収納にも注意が必要です。収納が足りなかったというパターンだけではなく、多過ぎた・使いにくいためスペースがもったいないなどの後悔をする人も多いです。収納を考えるときには高さ・幅・奥行きだけではなく、どこに配置をするか、将来的な変化なども意識して考えます。 他にも、冷暖房効率が悪い、リビングとトイレが近いなど生活音についても検討することが大切です。

注文住宅で家を建築するときの費用の内訳について

注文住宅で家を建築するとき、建物を建築するために必要は本体工事、庭や門、地盤改良工事などのような建物以外の工事でもある付帯工事、そして入居前後に必要な諸経費など3つの費用に分けることができます。この3つの中で本体工事と付帯工事を合わせたものが建築工事費で、合計額にかかる割合はおおよそ8対2になると考えておけば良いでしょう。ただし、注文住宅で住宅ローンを併用するとなったときには、ローン契約の際に発生する事務手数料や地鎮祭や上棟式を執り行うときのお金、家電品や家具類などの購入代金、そして引っ越し代など諸経費の金額は変わりますので事前にどのくらいの金額になるのか試算することが大切です。また、これらの代金の大半は現金払いになるもので、建築工事費のおおよそ10%を目安に確保しておくと安心に繋がります。さらに、住宅ローンは事務手数料外にも印紙税や登記費用、保証料や団体信用生命保険料、火災保険料などのお金も発生するので注文住宅の家づくりを始める前に内訳を大まかで計算しておくことをおすすめします。

建築現場の確認ができるのも注文住宅の魅力の一つ

新築された住宅であったとしても、建売住宅は決められた敷地に完成している住宅の購入になります。では、注文住宅は同じ新築の住宅ではあっても、敷地の選択から建物のほとんど全てを施主が決定し建築したものです。決定した敷地には何も存在しない状態から、地鎮祭から始まる全ての工事を確認できます。地盤改良はもちろんの基礎工事等の全ての工事を、確認しようと思えば自分の目で見ることが可能です。ただ、施主である立場の方が行う必要はなく、現場の監督はプロである担当者に任せておけば問題はありません。そうは言っても工事請負契約を締結した後、基礎工事等の全ての打合せをしてスタートしている工事であることに相違はないのです。工事に携わる多くの方を信用していないのではなく。竣工後に確認のできない内容をも知っておくことは、入居後に安心して生活をしていくためにも大切な事です。契約通りに工事が進んでいるか、建築現場を確認できるのも注文住宅ならではです。これも注文住宅で家を建てている、大きな魅力の一つであると言えます。

注文住宅は面積が狭い土地でも建築できるプランがある

"土地を持っているけれど、狭くて小さいというケースがあります。注文住宅であれば、工夫すれば建築できるプランも用意されています。 狭い土地に注文住宅を作る際には、いくつか気をつけたい点があります。特に確保しておきたいのが収納スペースです。リビング・浴室・キッチン・トイレ・寝室など、必要な部屋を大きくしたいと考えると、どうしても収納スペースが狭くなり、物の置き場所がなくなってしまいます。そのようなことがないように階段下などのデッドスペースを有効活用することが大切です。 また、日当たりなどを十分に確保できるように大開口やオープンリビングにすることで、光を取り入れやすくするなどの工夫が求められます。 このような工夫も必要ですが、失敗しないためにも狭くて小さい場所に住宅を建てるのが得意な会社を選ぶということも重要です。さまざまな会社で行われているプランですが、自分達の暮らしやすい間取りを想像するためにはモデルハウスなどに実際に行ってみることが良いとされています。

注文住宅に関する情報サイト
絶対に成功させたい!注文住宅

当サイトは絶対に成功させたい、初めての注文住宅での家づくりに欠かせない基本を解説しています。大きな買い物で失敗を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。注文建築の住宅のフルオーダーとセミオーダー2つの違いについても、このサイトで触れています。2つの違いを知りたい人におすすめです。またオーダーメイド住宅におけるこだわり条件は、リストアップして優先順位を決めるのがコツです。理想を形にすることができるようになります。

Search

更新情報